野菜ダイエット 野菜不足解消コラム

野菜を先に食べるベジファーストのやり方!痩せる効果は?青汁や野菜ジュースでも代用出来る?

更新日:

ポイント

  • ベジファーストのやり方は、野菜を先に食べるだけ!
  • 血糖値の上昇が緩やかになり、太りにくくなる効果があるのでダイエットにオススメ
  • 野菜を食べる代わりに青汁や野菜ジュースでもOK

ダイエットは永遠の課題ですよね…。

そんなダイエットが毎日手軽に実践できたら良いな、と思いませんか?

それが今回ご紹介する「ベジファースト」です。

痩せる食事方法の一つとして知られている言葉ですが、聞いたことがあるでしょうか?

「野菜を先に食べるだけ」と言うとても簡単な方法で、血糖値の上昇が緩やかになるので脂肪がつきにくくなり、太りにくくダイエットにもオススメの食べ方です。

あのライザップも、痩せるにはこういった血糖値を意識した食べ方を重視しているほどダイエット効果が実証されている方法なのです。

そこで、このページでは、何をどんな風に食べたらベジファーストが効果的になるのかその方法をご紹介していきます。

また、野菜料理を食べなくても、手軽に野菜ジュースや青汁などで代用できるのかという点も要チェックです。

野菜くん
皆も今日から野菜から先に食べてみよう。良いことばかりでデメリットはほとんどないよ!

ベジファーストは野菜を先に食べるだけでダイエット効果が期待できる!

ベジファーストは、食事の時に野菜を最初に食べるという食べ方です。

野菜と言っても何でも良いというわけではなく、食物繊維が多く含まれている野菜を最初に食べるのがベジファーストの正しい食べ方となります。

このやり方で食べることによって、野菜に含まれている食物繊維がまず最初に腸内に到達し、そこで水分を吸収して膨張し、満腹中枢を刺激してくれます。

カロリーが高い肉や魚などのメインディッシュ、そして白米を食べる前の段階で、ある程度お腹を満たしておけば、たくさん食べなくても満腹感を得ることができ、食べすぎることなく満足できる食事を楽しめるというのが、ベジファーストの食べ方なのです。

また、先に食物繊維を食べることで、血糖値の上昇が緩やかになるので、太りにくくなるというメリットも大きいです。

ベジファーストに期待できる効果

【効果その1】太りにくくダイエットにおすすめ

ベジファーストはたくさんの効果がありますが、まず1つ目はダイエット効果です。

野菜に含まれている食物繊維が腸内で膨らみ、満腹中枢を刺激してくれるので、食べ過ぎなくても満腹感と満足感を得ることができ、ダイエットにつながるのです。

食べすぎを予防してカロリーの過剰摂取を抑えることができるので、ダイエット効果が期待できます。

また、野菜を食べることによって腸内にたくさんの食物繊維が送られ、食事で入ってきた糖質や脂質などをからめとりながら体内に吸収される前に排出するサポートをしてくれます。

そのため、太りにくく痩せやすい体質づくりができますし、便秘対策も期待できます。

【効果その2】血糖値の上昇を抑えられる

2つ目の効果は、血糖値の上昇を緩やかにできるということです。

野菜に含まれている食物繊維、ビタミン、ミネラルは、血液をドロドロにしてしまう糖質や脂質、その他体にマイナスの影響を与える物質を排出するサポートをしてくれます。

最初に野菜を食べることによって、血糖値を抑制する作用を持つ成分を最初に血液中に送り込むことができるので、後から血液中に糖質が入って来ても、血糖値の上昇が緩やかになります。

血糖値が高い状態が続くと、脂肪細胞に多く糖分が送られることになるので、肥満の原因になります。

同じ食事内容でも、食べる順番を変えて野菜を最初にするベジファーストを実践するだけで、食後の血糖値には大きな変化があるのです。

ベジファーストのやり方3つ。野菜類を先に食べるだけ!

ベジファーストのやり方はとても簡単です。

食事の内容を変える必要はなく、食べる順番を見直して野菜を最初に食べるだけです!

食べる野菜は食物繊維が多めの野菜なら何でもOKなので、必ずしもサラダである必要はありません。

外食をすると最初に小鉢が出てきますが、小鉢も食物繊維が多めの海藻や野菜などが入っていることが多いので、小鉢を最初に食べることでベジファーストにつながります。

理想は、野菜・海藻類→タンパク質(肉・魚など)→炭水化物(米・パンなど)の順番です。

血糖値が上昇しやすい炭水化物を最後に取るようにしましょう。

また、野菜料理を食べる代わりに、野菜ジュースや青汁でも代用できます。

1本100円前後ですし、栄養満点で手軽に食物繊維も摂取できるのでベジファーストとしておすすめの方法です。

【ベジファーストその1】野菜もの(サラダ等)を先に食べる

ベジファーストでは、野菜ものを先に食べるやり方を実践します。

野菜ものと言っても、どんな野菜がどんなふうに出てくるかはその時の食卓や食事内容によって異なりますよね。

たくさんの野菜が使われているサラダが出てくれば、それからスタートするのがベジファーストとしては理想的ですが、サラダでなくてもお浸しや小鉢などでもOKです。

もしも野菜が含まれた炒めものが食卓に出てきたのなら、野菜を最初に選んで食べるという方法でも、ベジファーストになるでしょう。

【ベジファーストその2】食前に野菜ジュースを飲む

ベジファーストでは、野菜を最初に食べるという定義があります。

野菜が嫌いな人や野菜を準備できない人などは、食材としての野菜でなくても野菜ジュースで代用する方法でも良いでしょう。

野菜ジュースを飲む場合には、ゴクゴクと噛まずに流し込んでしまうのではなく、何回か噛んで消化酵素を唾液とともに分泌してから飲み込むことによって、体内吸収率を高めることができます。

野菜ジュースを選ぶ際には、できるだけ糖質が少ないものを選ぶのもポイントです。

通常の野菜ジュースなら1本当たり大体10~15gの糖質が入っていますが、例えば「カゴメの糖質オフ」であれば、1本に糖質がたったの3.3gしか入っていません。

ベジファーストで痩せたい人にはピッタリの野菜ジュースと言えます。

【ベジファーストその3】食前に青汁を飲む

青汁は、使われている原料はほとんどが野菜のみで、カロリーも脂質も糖質も少ないという特徴がある上、使われている原料の種類が豊富という魅力もあります。

野菜ジュースの代わりに青汁を使っても、ベジファーストとしては問題ありません。

青汁を飲む際には、野菜ジュースを飲む時と同じように、口に含んでからよく噛むようにしてから飲み込むと、消化酵素がたっぷり分泌され吸収率が良くなるのでおすすめですよ。

野菜ジュースと青汁とで、何が違うのかよく分からないという人が多いのですが、基本的に青汁は製造過程において熱処理がされていないため、熱に弱いビタミンCなども破壊されることなく残っているという特徴があります。

また、使われている原料の種類も、野菜ジュースよりも青汁の方が充実している商品が多いですね。

もちろん、飲みやすさなどで選んでもOKです。

ベジファーストにピッタリのダイエット青汁

ベジファーストに使う青汁は、どの青汁でも基本的にはOKですが、

ベジファースト+ダイエットをしたい方に、当サイトで最もおすすめしている青汁ゴクリッチです。

糖質はほとんど含まれておらず、栄養満点でダイエット時の栄養補給にもピッタリです。

さらに、満腹感が増すサイリウムハスク、高タンパク質のプロテインが入っているので、ダイエット時にとてもピッタリなんです。

食事の前に水や牛乳に溶かして飲むだけで良いので、手軽にベジファーストができますし、味もフルーツ青汁の中でもかなり美味しい部類に入る味です。

初回780円(いつでも解約自由)で購入できるのも魅力です。

【口コミ評判】ゴクリッチ青汁のダイエット効果は!?味や飲み方も検証!(GOKURICH)

有村藍里さんもイチオシの、すごくおいしいフルーツ青汁「ゴクリッチ GOKURICH」を実際に注文して飲んでみました! 結論から言うと、ゴクリッチは色々飲んでみたフルーツ青汁の中で最も美味しい部類で、そ ...

続きを見る

ちなみにゴクリッチはあの後藤真希さんも愛飲している人気の青汁ですね。

青汁は美容に良い成分もたっぷり含まれているので、綺麗になりたい方にオススメです。

まとめ

ベジファーストは食事の時に野菜を最初に食べるという食べ方で、太りにくくなる効果があるのでダイエットをしたい時にオススメの食べ方です。

野菜を自分で選べる時には、できるだけ食物繊維が多いものを選ぶのがポイントで、野菜だけではなく海藻のように食物繊維が多く含まれているものなら、ベジファーストとして活用しても良いでしょう。

もしも食事内容によって野菜を最初に食べられない時には、乳製品や豆類などで代用しても良いですが、外食の時などには、ベジファーストを考慮して何を注文するかを決めることをおすすめします!

例えば、カレーライスのような料理よりも、定食などの方がベジファーストをしやすいですし、洋食よりも和食や懐石料理の方が、自然にベジファーストを実践できることが多いでしょう。

-野菜ダイエット, 野菜不足解消コラム
-, , , , , , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.