野菜ダイエット

野菜で痩せる野菜ダイエットの方法!短期で効果が出るのは?

更新日:

ダイエットをしたい人、挑戦してもすぐに失敗してしまう人は多いですよね。

絶食系の食べないダイエットは、一時的に体重が減ってもすぐにリバウンドするのでおすすめではありません。しっかり食べてきれいに痩せられる野菜ダイエットがおすすめです。

野菜ダイエットが効果的な理由

野菜には、ミネラルやビタミンが豊富に含まれていますが、お腹いっぱいに食べても低カロリーなので、ダイエットにおすすめです。

空腹との闘いはダイエットにとっては大敵ですし、お腹が空いてしまうと挫折しやすいですよね。

それに、食べないダイエットをすると基礎代謝が低下してしまうので、かえって太りやすい体質になってしまいます。

しかし野菜ダイエットなら、カロリーを気にすることなく食べることができるので、ダイエット食としてはおすすめなのです。

野菜には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。これらの成分は基礎代謝や新陳代謝を活性化する作用があるので、痩せやすい体質づくりにつながります。

ダイエットしてもなかなか痩せないという人の場合には、ビタミンやミネラルが不足していることが多いと言われているように、ビタミンやミネラルはダイエットにとっては大きなプラスの成分となるのです。

野菜には食物繊維も豊富ですよね。

食物繊維は腸内にこびりついている宿便を根こそぎ排出する便秘解消効果が期待できるだけでなく、血液中の糖やコレステロールなども取り除くことができるので、サラサラの血液を作ることにつながります。

トラブルを起こしにくい体づくりをする事によって、痩せやすい体質づくりができます。

野菜ダイエットにおすすめの野菜

野菜ダイエットにおすすめの野菜はたくさんあります。新陳代謝を高めてくれるアスパラガス、糖質をエネルギーに変換してくれるビタミンB1と食物繊維が豊富なレタス、抗酸化作用と脂質の代謝を高める効果が期待できるトマトなどは、美味しく食べられる野菜です。

その他にも、カロテンやビタミンC、鉄分を豊富に含むほうれん草、消化酵素が充実した大根、血液をサラサラにする働きがあるカリウムが豊富なセロリなども、ダイエット食としておすすめの食材です。

 

野菜ダイエットの方法

野菜ダイエットというと、何でも生食するのが良いというイメージがありますが、野菜によっては油でいためたほうが吸収率が高くなるものもあります。

そのため、いろいろな方法で多方向からアプローチするのが良いでしょう。調理するのなら、いためたり茹でたり、スープにするのもおすすめです。

また、生食する場合ならスムージーにしたりして工夫すると、飽きることなく長く続けやすいです。

野菜から食べる、食べる順番ダイエット(ベジファースト)

野菜ダイエットの方法の一つに、食事の際に野菜から食べるという方法があります。

野菜を最初に食べることによって、食物繊維が最初に腸の中に入って水分を吸収して膨張します。

満腹中枢を刺激してくれるので、その後の食事をたくさん食べなくても、少量で満腹になるのでダイエット効果につながるわけですね。

野菜から食べるダイエットでは、野菜を最初に食べれば後はどんな順番でも良いというわけではありません。

野菜を最初に食べたら、次にタンパク質が多く含まれている肉や魚などのメインディッシュを食べ、最後に炭水化物であるご飯を食べる、という順番にしましょう。

こうすることによって、脂質や糖質の食べすぎを防ぐとともに、体内に吸収され過ぎてしまう事を予防することにもつながります。

野菜を先に食べるベジファーストのやり方!痩せる効果は?青汁や野菜ジュースでも代用出来る?

ポイント ベジファーストのやり方は、野菜を先に食べるだけ! 血糖値の上昇が緩やかになり、太りにくくなる効果があるのでダイエットにオススメ 野菜を食べる代わりに青汁や野菜ジュースでもOK ダイエットは永 ...

続きを見る

 

野菜スープで置き換えダイエット

野菜スープダイエットは、野菜だけを具にしたスープを食事の代わりに飲むというものなのですが、お腹いっぱい食べても野菜スープならカロリーが低いので大きなダイエット効果が期待できます。

短期間にスッキリ痩せたい人におすすめのダイエット法でもあり、炭水化物やタンパク質、脂質などを摂らないので、痩せやすい方法です。

ただし、長く続けてしまうと炭水化物やタンパク質、脂質などが不足するので、野菜スープダイエットを3食すべてに置き換える場合には、長くても3日を限度にしましょう。

それ以上の継続はNGです。

野菜ジュース・青汁で置き換えダイエット

たくさんの野菜を原料にしている野菜ジュースや青汁は、野菜不足を解消できるだけでなく、カロリーが少ないので置き換えダイエットにピッタリです。

野菜不足を解消したい人なら、野菜ジュースや青汁を朝食替わりに飲むのが良いのですが、ダイエット目的の場合には、夕食の替わりに飲むのが良いですね。

ただし、低カロリーでタンパク質や脂質、糖質などが少ないため、寝る時間になってから空腹になってしまうというデメリットがあるかもしれません。その辺は工夫しながら、続けるようにしましょう。

野菜ジュースの痩せる飲み方まとめ。置き換えダイエットの効果・やり方は?

ポイント 野菜ジュースは栄養豊富で、置き換えダイエットにも人気 野菜ジュースダイエットの方法は、①食前に飲む、②置き換えダイエットに使用するの2種類(効果が高いのは置き換え) 置き換えダイエット用の野 ...

続きを見る

 

置き換えダイエットは短期間で効果が出やすい!

野菜ダイエットをする際に知っておきたいことは、普段通りの食生活の最初に野菜を食べるように順番を工夫するだけでも、満腹度合いが変わるので、食事の量を無理なく減らすことができます。

しかし、置き換えダイエットに野菜を使うと、摂取カロリーが大幅に少なくなるので、短期間でもダイエット効果につながりやすくなります。

野菜を使った置き換えダイエットは、3食のうち1食や2食を置き換えるなら長期間続けてもOKですが、3食すべてを野菜だけに置き換えてしまうようなダイエットをする際には、脂質や糖質、タンパク質が不足して栄養失調になる可能性があるので、長くても3日間までにとどめておくことが大切です。

野菜ダイエットの注意点

野菜ダイエットの注意点は、食べる野菜は1種類だけではなく、できるだけ複数のものを幅広くいろいろな方法で食べるように工夫することが必要です。

また、野菜だけをずっと食べていると、筋肉を作るたんぱく質が不足して基礎代謝が低下してしまい、逆に痩せにくい体質となってしまいます。

そのため、野菜だけを食べるようなダイエットをする場合には、絶食系のダイエットと同じで、3日を限度にしましょう。野菜ダイエットで短期間に効率的に痩せたい時には、夕食を野菜に置き換える置き換えダイエットが効果的ですよ。

また、生の野菜ばかりを食べていると、体が冷えてしまう事があります。

体が冷えると基礎代謝が下がって痩せにくく太りやすい体質になってしまうので、生の野菜を食べたら次に温かいスープを飲むなど、体が冷えないための工夫も必要ですね。

まとめ

野菜ダイエットには、ダイエット以外にもたくさんの健康効果や美容効果が期待できますが、野菜をどのように食べるかによっては大きなダイエット効果も期待できます。

野菜と言ってもいろいろな種類があり、それぞれ含まれている栄養成分は異なりますよね。

生食することで栄養をたっぷり摂れるものもあれば、油と一緒に摂ったほうが吸収率がアップするものもあります。

また、トマトやニンジンのように、野菜ジュースなど加熱調理することによって吸収率が高くなるものもあるため、野菜ダイエットは生食だけではなく、炒めたり蒸したり、またスムージーや野菜ジュース、青汁などいろいろな形でアプローチするのが良いでしょう。

野菜を食事の代わりに置き換えるダイエット方法は、夕食のみ置き換えることで短期間でも大きな効果が期待できます。

3食すべてを置き換えてしまうと、筋肉の元になるたんぱく質が不足して基礎代謝が低下してしまうので、長く続けるなら置き換えるのは1食か2食にとどめておくようにしましょう。

-野菜ダイエット
-, , , , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.