野菜不足解消コラム

野菜の残留農薬の簡単な落とし方・取り方。専用洗剤や重曹がおすすめ?

更新日:

野菜は私たちの食卓になくてはならないものです。野菜の摂取は健康的な体を作る為に必要不可欠なものですから、できるだけ毎日いろいろな野菜を食べて健康な体作りをしなくてはなりません。

しかしお店で売られている野菜には残留農薬の危険性があるとも言われています。
そこで、野菜についている農薬の危険性や残留農薬の落とし方について説明していきたいと思います。

野菜に農薬が使われる理由

農薬は、野菜を栽培するにあたって多くの農家が使用しているものです。最近では農薬を一切使用していない無農薬野菜なども出てきていますが、それでも多くの野菜の栽培には農薬が使われています。

なぜ野菜の栽培に農薬が使われるかというと、野菜を栽培していると虫がついて食べられてしまったり、害虫被害によって農作物が被害を受け、ひどい時には作物はすべてダメになってしまうからです。

また、害虫被害以外にも野菜などの作物になんらかの病気が発生してしまって、それが他の野菜にも広がり収穫できないようになってしまう事もあります。

害虫や病気によって野菜が収穫できないようになってしまうと、農家の方は収入を得る事ができなくなりますし、それがひとつの農家だけではなく地域全体に広がってしまった場合は、その野菜の供給量が減ってしまって野菜不足となることもあります。

では、野菜に農薬を使うとどのような効果があるかというところですが、まず第一に害虫が付くのを防止してくれます。野菜の種類によって害虫の種類は異なりますが、大体どの野菜でも農薬を使わなければ害虫がついてしまい、野菜を食い荒らされてしまう可能性が高くなります。

次に病気の予防です。野菜などの農作物はカビなどが原因となる病気があります。病気の種類によってその影響は違うものの、ひどい場合は全く収穫することができなくなる場合もありますので、病気対策の為に農薬を使用することもあるのです。

また、農薬とは違いますが農薬と共に除草剤を使用することもあります。除草剤は育てている野菜以外の雑草などを排除する為の薬です。除草剤を使用しないと育てている野菜以外にもたくさんの草が生えてきてしまって、収穫の効率を悪くします。

さらに、野菜の周りに雑草がたくさん生えてしまうと野菜に行くはずの栄養を吸い取ってしまうということもあるので、除草剤を使って雑草を排除することもあります。

野菜の残留農薬の害とは

残留農薬とは、私たちが店頭で野菜を買う際にまだ野菜に残っている農薬の事を言います。昔は今ほど農薬に対しての決まりがなかったので、とても強力な農薬をたくさん使って野菜は育てられていました。

しかし、そういった強力な農薬は簡単に洗い落とすことができず、人間の口に入る時にもたくさん残っていました。こうした野菜を食べていると農薬の成分が人間の体内にもどんどん入っていきます。

農薬の成分は人間の健康にとって害となりますが、特に昔の強力な農薬は人体に大きな影響を与えるものでした。こうした農薬によって多くの方が命を落としていったこともあり、その後農薬に関する取り締まりは厳しくなっていきました。

現在はこうした人体に影響のある農薬は使われておらず、さらにしっかりと農薬の量についても野菜が出荷される前に検査されています。ですから、基本的には私たちが手にする野菜には、規定以上の濃度の農薬が残っているということはないのです。

しかし、農薬の検査については100%とは言えないのが現状です。野菜の農薬検査の方法は、出荷時に一部の野菜をピックアップして検査を行います。それで問題がないと判断されればそのまま出荷されますが、中には農薬が多く残っている野菜もあります。

もし、こうした野菜を私たちが手にした場合、そこに残留農薬がたくさん残っているとは知らずに口にしてしまいます。ごく少量かもしれませんが、それでもこのように残留農薬がある野菜を食べているのといないのとでは、健康に対する影響も違いますし、健康な大人が口にする場合と体の弱い方が口にする場合では影響にも違いが考えられます。

ですから、残留農薬から健康を守る為には、自ら対策を行わなくてはならないのです。

農薬がなくなれば良いという訳ではない

農薬は健康に良くないものなので、なくなってしまえばよいかというとそんなことはありません。農薬がなくなってしまうと、先ほどもご説明しましたが野菜が害虫被害や病気による被害を受けてしまいます。

残念ながら現在の技術では農薬を使わずに害虫と病気の被害を完全に防ぐことはできないのです。無農薬野菜があるじゃないか、という声もあるかもしれませんが、無農薬で野菜を栽培するということは非常に難しいことです。

農作物を栽培する場合に無農薬で育てているのが無農薬野菜ですが、農薬を使っていないので当然害虫被害や病気の被害に遭うリスクを伴います。ある意味ばくちともいえる栽培方法が無農薬野菜なのです。

こんな栽培方法を日本中で行ったとしたら、今のような野菜の供給量を保つことはできなくなりますから、需要と供給にバランスが崩れます。需要に対して野菜の供給量が足りなくなってしまえば、野菜の価格はどんどん高騰してしまい、一般家庭で野菜を食べることは難しくなってしまうのです。

そうならない為に、一定の野菜の供給量を保つ為には農薬は欠かすことができないものなのです。

農薬は水洗いでは落ちない?

野菜の栽培に使われている農薬は多くが水洗いで落とせるものです。ですから、野菜を料理に使う場合には基本的には必ず水洗いを行うのが良いでしょう。ただし、中には普通の水洗いでは落としにくい農薬もあります。

なかなか一般消費者がこの見分けをするのは難しいですが、水でしっかり洗う事である程度は落とすことができますので、残留農薬が気になる場合には30秒程度しっかり流水を使って野菜を洗いましょう。

重曹ならある程度農薬を落とせるという話も

重曹は、野菜の残留農薬を落とすのに効果的という話があります。

重曹を使った残留農薬の落とし方

  1. まず調理用として販売されていて口にしても問題のない重曹を用意します。
  2. 次にボールなどに水を張って重曹を入れ、そこへ野菜をつけて30秒から1分程度待ちます。
  3. 最後に流水で洗い落すという流れになります。

重曹は残留農薬だけではなく汚れ落としなどにも使われるので、しっかりと農薬が落ちそうなイメージがありますが、本当に重曹を使った方が流水で洗うよりも農薬がしっかり落ちるのかという根拠は今のところありません。

加熱はどれくらいの効果があるのか

加熱処理は殺菌処理などができるので、農薬にも効果的という意見もあります。では、残留農薬に関する効果はどうでしょう。これは、一定の効果があるといわれています。

ですから、野菜をそのまま食べるのではなく、ゆでたり加熱するのは残留農薬を減らすのに効果的と言えます。もちろん加熱前には流水でしっかりと洗いましょう。そして加熱をすればよりしっかりと残留農薬を落とすことができます。ただし、加熱をしても完全に残留農薬が落とせるということではありません。

まとめ

野菜と農薬は、現在の日本では切っても切れない関係です。日本では農薬に関してはきちんとした基準があるので、昔の日本や海外に比べると安心安全な野菜が店頭には並んでいますが、中には残留農薬がある野菜もあるので完全に安全ではありません。

残留農薬を口にしないようにする為には、流水で洗う事はもちろんですが、野菜専用の洗剤を使うなどしてしっかりと残留農薬を洗い落とすようにしましょう。

-野菜不足解消コラム
-, , , , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.