野菜ジュース 野菜不足解消コラム

野菜不足解消に野菜ジュースは効果があるのか?

更新日:

食生活で野菜不足の状態が続くと、全身のあらゆる器官や機能にトラブルが起こりやすくなってしまいます。

そうした事態を未然に予防したり改善するためには、普段から野菜を積極的に食べることが理想的なのですが、ライフスタイルによっては外食が多かったり、野菜の好き嫌いが多くて複数の野菜を毎日たっぷり食べることは難しかったりすることはありますよね。

そんな時にはどうしたら良いのでしょうか?

野菜はジュースにすると栄養は減るという噂は本当?

野菜は生食するのが理想的です。

しかし、野菜という形で食べることができないのなら、野菜ジュースという形で飲む方法もアリです。

栄養成分によっては、生食ではなくてジュースにしてしまう事によって栄養価が下がってしまうものも存在します。

例えば、ビタミンCや食物繊維などは、生食することで栄養価をマックスに摂れますが、ジュースとして飲むと摂取量としては少なくなってしまいます。

これは、野菜ジュースの製造過程に加熱処理があるためで、加熱処理をしても破壊されることがない栄養成分なら、生食でも加熱調理でも、そして野菜ジュースとしても栄養価を変わることなく摂取できます。

また、栄養成分の種類によっては、生で食べるよりも野菜ジュースなどの方が吸収率がアップするものもあります。

そのため、野菜不足をジュースで補う場合には、どんな栄養成分が入っているジュースなのかをチェックすることが大切ですね。

ビタミンCは水と熱に弱い繊細なビタミン

ビタミンCは、水溶性ビタミンの中でも水にも熱にも弱い繊細なビタミンで、空気に触れることによって酸化するという特徴があります。

抗酸化作用があるビタミンですが、空気に触れる時間が長くなるほど酸化して抗酸化作用が低くなってしまうため、野菜ジュースとして十分な量を摂ることが難しい成分の一つと言えるでしょう。

ただし、ジュースにする事によってビタミンCが完全になくなってしまうわけではありません。

そのため、少し量は少なくなるということを念頭に入れておくことは大切ですが、他にビタミンCの補給源を焦って探す必要はないでしょう。

水溶性食物繊維は加熱すると栄養価が少なくなる

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維とがあります。

このうち、加熱処理が必要な野菜ジュースにすると栄養価が減ってしまうのは、水に溶けるとゲル状になる水溶性食物繊維の方です。

完全に溶けてなくなってしまうというわけではありませんが、生食した場合と比べると、どうしても栄養価は少なくなってしまいます。

しかし、不溶性食物繊維の方は加熱処理されても栄養価が下がることはないので、腸内に入ると水分を吸収して膨らみ、腸壁にこびりついている有害物質や毒素などを古くなった食べ物と一緒に排出するサポートをしてくれます。

ジュースにした方が吸収効率が良い野菜もある

栄養成分の中には、ジュースにする事によって体内吸収率が高くなるものもあります。

こうした野菜なら、あえてジュースとして飲んだほうが生食するよりも良いというわけですね。その中でも代表的なものは、トマトに多く含まれているリコピンです。

リコピンは生食するよりも野菜ジュースとして飲んだほうが吸収率が3.8倍になるため、野菜ジュースなど加工したものを利用することが推奨されている栄養成分の一つでもあります。

その他には、ニンジンに多く含まれているβカロテンもジュースの方が栄養価が1.5倍摂れます。

野菜ジュースを選ぶ際には、ぜひリコピンとβカロテンが入ったもの、つまりトマトとニンジンが入ったジュースを選ぶと良いでしょう。

【本音口コミ】カゴメのつぶより野菜ジュースの感想!味や栄養素・成分は?

野菜ジュースの超有名ブランドと言えば「カゴメ」さんですね。 今回は、カゴメさんの集大成とも言える野菜ジュース「つぶより野菜」を注文してみました! 届いた時の様子や、ジュースの味、飲みやすさなどを口コミ ...

続きを見る

 

野菜ジュースで野菜不足の解消を補う効果はある

野菜ジュースには、原料として複数の野菜が使われています。

野菜として生食するには食べきれない量の栄養成分でも、コップ一杯の野菜ジュースの中に凝縮されていれば飲みやすいのではないでしょうか。

しかし野菜ジュースを製造加工する際には、どうしても熱処理という工程が必要になるため、その熱処理の際に破壊されてしまう栄養素は確かにあります。

しかし、すべての栄養成分が破壊されるわけではありませんので、安心して下さい。

もしも普段の食生活で栄養が偏っている人なら、野菜ジュースを飲むことによって野菜不足をかなり解消することは可能と言えるでしょう。

普段から野菜を積極的に食べている人でも、野菜ジュースなら体への吸収率を考えて作られているので、プラスの効果が期待できますよ。

野菜ジュースの栄養はパッケージの栄養成分表を見よう

野菜ジュースはいろいろなブランドから多種多様な原料を使ったものがラインナップされています。

その中から毎日続けたいジュースを選ぶ際には、まずどんな栄養成分が入っているのか、パッケージを確認することをおすすめします。

使われている原料については、パッケージに絵が描かれていたりするので予想することはできますが、具体的にどんな栄養成分が入っているのかという点については、パッケージを見ることが必要です。

パッケージに表示されている栄養価については、そのジュースを賞味期限内に飲んだ時に得ることができる量が表示されているので、時間の経過とともに栄養価が低くなってしまう栄養成分については、賞味期限内の数字が表示されていると考えましょう。

つまり、賞味期限よりもずっと早くに飲めば、記載されている栄養成分よりもたくさん摂ることも可能です。

また、毎日飲んで体に入れる野菜ジュースは、できるだけ添加物などが入っていない無添加タイプを選ぶのがおすすめですよ。

まとめ

野菜不足を解消するためには、普段の食生活で野菜を積極的に食べることがおすすめですが、毎日たくさんの野菜ばかり食べることが難しかったり、ライフスタイルによっては外食が多くて野菜を食べる機会が少ないということがあるでしょう。

そんな時には、野菜不足を少しでも解消するための手段の一つとして、野菜ジュースを活用する方法があります。

そしてジュースを選ぶ際には栄養成分を確認し、リコピンやベータカロチンなどジュースにすることで栄養価が高くなる成分が入っているものを選びたいですね。

また、野菜ジュースではなくて青汁で代用するのももちろんOKです。

-野菜ジュース, 野菜不足解消コラム
-, , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.