野菜不足解消コラム

厚生労働省推奨の1日分の野菜350gの目安はどのくらい?

更新日:

厚生労働省の推奨によると、私たちが一日に食べるべき野菜の量は350グラムと言われています。

重さで言われてもピンとこないのですが、一般的な普段の食生活の中でクリアできる数字なのでしょうか?

先に結論を言うと、野菜350gをバランスよく食べ物で取るのは結構大変です。

なので当サイトでは野菜ジュース青汁などで補う事をオススメしています。

当サイトイチオシの野菜ジュース・青汁

■野菜ジュース…1本で350g分の野菜が含まれ、味もバツグンのカゴメさん集大成「つぶより野菜

■青汁…バツグンの栄養価で吸収性が高い生搾り青汁の「リッチグリーン」。味も美味しい!

リッチグリーン

この記事では、一日に必要な野菜摂取量350gの量・根拠や、簡単にクリアできる方法をご紹介します!

1日の野菜摂取量の目安は350g

1日の野菜摂取量の目安は350gと言われています。

しかし、野菜の中にはカボチャのように重たいものもあればレタスのように軽いものもありますから、何をどのぐらい食べれば良いのか分からないという人は多いのではないでしょうか。

グラムで言われるよりも、食事のレシピや献立に置き換えたほうが分かりやすいですよね。

野菜350gは、ほうれん草のお浸し、野菜サラダ、カボチャの煮物、そして野菜炒めを食べた合計くらいの量となります。

これを結構なボリュームだと感じるか、クリアできそうだと感じるかは、その家庭の食卓に普段どれくらいの野菜が並んでいるかによっても大きく異なりますし、その日のメニューによっても変わりますよね。

野菜炒めがメインディッシュの日なら、野菜350gをクリアできても、肉や魚がメインの日だと、その上さらに野菜炒め並みの量の野菜を食べるのは大変です。

普段の食生活の中で野菜を少しでも多く摂るコツとしては、350gというラインは念頭に入れながらも、摂りやすい方法で、一度にまとめて食べようとするのではなく、小鉢などを上手に活用しながら、プラス1皿という感じで野菜の摂取量を増やす方法がおすすめです。

特に小鉢系の野菜なら、毎日作らなくても数日分作り置きしておけば楽にこなせますよね。

野菜350gの根拠や理由は?

厚生労働省が目標として推奨している野菜350gは、どうして300gや400gではなくて350gなのかという点においては、はっきりとした根拠や理由があるわけではありません。

しかし、日本人の平均的な食生活の中で、350gなら頑張れば摂れるラインとして推奨されているのです。

必ずこのラインをクリアしなければいけないというわけではありませんし、クリアできなければ絶対に病気になるというわけでもありません。

それに、野菜350gと言ってもどんなふうにどんな野菜を食べるのかによって、摂れる栄養成分も変わってきますので、少ない種類の野菜ばかりを大量に食べるのではなく、複数の野菜を少しずつバランスよく食べたほうが、理想的な栄養バランスに近づくでしょう。

しかし厚生労働省は、適当に350gという数字を掲げているわけではありません。

日本人がかかりやすい病気を予防するためにどのくらいの栄養成分が必要なのかを計算し、それに基づいて野菜350gというラインが設定されています。

つまり、このくらいの野菜を毎日食べていれば、病気をある程度予防できるということになるわけです。

野菜350gってどのくらいの量?

野菜350gといっても、ピンとこない人は多いですよね。

これがどのくらいの量になるかは、その野菜によって異なります。イメージとしては、トマトにすると3個程度、ニンジンだと3本から4本、ピーマン7個、キャベツは3分の1個程度、キュウリだと3本程度となります。

つまり、トマトを1日に4つ食べたら、野菜350gはクリアできることになります。

しかし、野菜350gというのは一つの野菜を集中して350g分食べるということではなく、複数の野菜をバランスよく食べて、その合計が350gを超えるようにしましょう、ということです。

複数の野菜の組み合わせで、大体合計が350gを超えるように自分自身で考えながら毎日の食生活を送ることが必要なのです。

目安としては、メインディッシュに野菜が使われていて、お味噌汁にも野菜が入っていて、ほうれん草のお浸しのような野菜系の小鉢、そしてプラス1品何か野菜を使った料理をつければ、クリアできる量となっています。

ここでポイントとなるのは、普段の食生活の中で食べる野菜の量に加えて、プラス1品野菜を何かつける、という点です。

プラスアルファの積み重ねで、その日の野菜摂取量が少しずつ増えていくことになるのです。

手軽に補うなら野菜ジュースや青汁がおすすめ

単身世帯だと、野菜をたくさん買っても使い切る前に傷んでしまうことが多いですし、外食が多かったり、そんなに野菜ばかり食べることは難しいですよね。

それに野菜嫌いの人だと、食べられる特定の野菜ばかりを大量に摂る事にもなりかねません。それでは、厚生労働省が掲げる野菜350gをクリアできるどころか、栄養不足で栄養失調の状態にもなりかねません。

そんな人におすすめなのが、野菜を気軽に摂ることができる野菜ジュースや青汁です。

野菜ジュースも青汁も、どちらも複数の野菜を原料にしているので、コップ一杯で手軽にたくさんの野菜に含まれている栄養成分を摂れるというメリットがあります。

また毎日の献立を考えたり、料理の手間や買い物に行く労力、調理などをしなくても、簡単に十分な量の栄養成分を摂ることができます。

野菜不足が心配な人は、食生活の中で野菜を意識すると同時に、野菜ジュースや青汁を飲む習慣をつけるのがおすすめです。

↓当サイトオススメの青汁はコチラ

おすすめ記事【2018年最新】野菜不足解消におすすめの人気青汁ランキング!

リッチグリーン

 

↓当サイトオススメの野菜ジュースはコチラ

おすすめ記事【厳選】一人暮らしの野菜不足解消におすすめの野菜ジュース

 

まとめ

厚生労働省は、一日に平均350gの野菜を食べることを推奨しています。

野菜中心の食生活をしている家庭なら、決してクリアすることが難しい量ではないのですが、お肉や魚などをメインディッシュにする事を考えたり、摂取カロリーが気になる人だと、野菜350gをクリアするためにたくさんの量を食べてしまうことになりかねません。

人によっては野菜350gのラインはクリアできているけれど、代わりに摂取カロリーが多くなりすぎて肥満になってしまうということもありえるのです。

食生活の中でたくさんの野菜を食べることや、それを意識することは大切です。

しかし、慢性的な野菜不足に悩んでいる人や、ライフスタイルによって、なかなか十分な野菜を食べられないという人は、野菜ジュースや青汁などを活用して、手軽に野菜に含まれている栄養成分を摂るという方法も良いのではないでしょうか。

また、野菜350gはあくまでも目安なので、あまり神経質にならずに、野菜をたくさん食べることを心掛けることから始めてみてはいかがでしょうか。

-野菜不足解消コラム
-, , , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.