野菜不足解消コラム

冷蔵庫での野菜の保存方法。ラップや袋は使うべき?

更新日:

野菜を冷蔵庫で保存する場合、ただそのまま冷蔵庫に入れて保存するよりも工夫をした方が痛みにくくなったり、鮮度を保つことができるので保存期間が長くなります。

そこで今回は野菜の保存方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

野菜ごとに違う適した保存方法

野菜を冷蔵庫で保存する時の方法として、ビニール袋に入れたりする方法がありますが、これは野菜によって別々の方法があります。

なんでも間でもビニール袋に入れておけばよいということではありません。

ただし、基本的にはなんらか工夫をして保存した方がより鮮度を保った状態で野菜を保存することができるようになりますので、野菜を丸ごとそのまま冷蔵庫に入れて保存ということはおすすめしません。

ビニール袋やジッパー付の袋で保存

野菜は呼吸をしていて、呼吸をすることで代謝をします。

そしてどんどん劣化したり酸化していくのでビニール袋に入れての保存がおすすめです。ただし、ただ袋に入れるだけでは足りません。

トマトの保存方法

たとえばトマトなら、ビニール袋に入れる前にキッチンペーパーでくるんでからビニール袋に入れて冷蔵庫保存がおすすめです。

トマトはそもそもあまり低温に強い品種ではありません。室温がそれほど高くないのなら常温保存でもよいくらいです。

ですが、どうしてもトマトを冷蔵庫で保存するのであれば、冷たくなり過ぎないようにキッチンペーパーにくるんでからビニール袋に入れて保存した方がよいのです。

ちなみにほうれん草もトマトと同じようにキッチンペーパーで一度くるんでからビニール袋に入れて、立てて保存するのがよいでしょう。

キャベツ・レタスの保存方法

次にキャベツやレタスです。キャベツやレタスは芯がついたまま冷蔵庫での保存は避けましょう。

冷蔵庫に入れる前に芯を取ります。芯を取ったらそこへぬらしたキッチンペーパーを入れて、その上でビニール袋に入れて保存します。

キャベツやレタスに限らず芯がある野菜は芯を残しておくとさらに成長をするので、そこで余分なエネルギーを使ってしまって鮮度や味が落ちてしまうのです。

きゅうりの保存方法

きゅうりはほかの野菜に比べて保存が難しい野菜です。

なぜかというときゅうりは乾燥にも湿気にも弱い野菜だからです。保存方法を間違うと水分が抜けてしまっておいしくなくなりますし、逆に水分が多くなってしまうとべちゃべちゃになります。

そうならないためにははじめに水分をよく取って、それからビニール袋に入れて保存するのが適しています。

ラップに包んで保存する野菜

基本的に野菜を冷蔵庫で保存する際にはビニール袋やジッパー付の袋で十分です。しかし、一度包丁を入れてしまった野菜は別です。

手をつけていない野菜ならそのまま冷蔵庫での保存、または常温での保存でも問題ありませんが、切ってしまった野菜は切り口から悪くなってしまいますので、その場合はラップでくるんで冷蔵庫で保存します。

もちろん、それで長期間保存はあまりよくありませんので、一度切った野菜はできるだけ早めに消費するのが望ましいです。

長期保存なら冷凍保存が◎

野菜は冷蔵庫での保存以外に、冷凍庫での保存も可能です。

短期間で野菜を使い切ることができるのであれば冷蔵庫でも問題ありませんが、買いだめをしたりたくさんあってすぐには使いきれないという場合には、あらかじめ長期保存を考えて冷凍してしまった方が野菜が傷みにくくなります。

一人暮らしの方は野菜をスーパーなどで丸ごと買ってきたら使い切ることができず、だめにしてしまうということも少なくないでしょう。

しかし、だからといってカット野菜をと考えた場合、カット野菜はやや割高なので経済的でもありません。

それであれば野菜を丸ごと買ってきて、一回使うだけの量に小分けして冷凍保存すれば使うたびに解凍するだけで手軽に使うことができ、保存期間も長くなります。

冷凍庫で野菜を保存する場合には、小分けにしたらラップに包んだり、ジッパー付の袋に入れて冷凍庫で保存します。

野菜を早く成熟させる「エチレンガス」って?

多くの野菜は、エチレンガスというものを放出しています。このエチレンガスはどういうものかというと、野菜や果物の成長や成熟を促す効果があるのです。

それなら野菜も果物のおいしくなるためのものだから問題ないだろう、と思うかもしれませんが冷蔵庫の中で保存している野菜にとってはそれが逆効果の場合もあるのです。どういうことかというと、野菜を冷蔵庫内で保存していると、その野菜たちからたくさんのエチレンガスが放出されます。

そして、密室となっている冷蔵庫内に充満したエチレンガスをまた野菜が吸い込んでしまってどんどん成熟していくのです。成熟しているだけならいいのですが、野菜は成熟を通り越すとあとは腐っていくだけです。

ですから、野菜の長期保存を考えた場合には、できるだけエチレンガスの影響を受けないようにした方がよいのです。ではどのようにエチレンガスの影響を防ぐかといえば、上記でもご紹介していますように、野菜をそれぞれ袋などに入れて保存する方法です。

それぞれの野菜を袋に入れておくことで、ほかの野菜へのエチレンガスの影響を抑えることができるのです。ちなみに、冷蔵庫の中にあるものとしてりんごがありますが、りんごはエチレンガスの放出量が非常に多いことで有名です。

ですから、間違って野菜室に野菜とりんごを一緒に入れて保存して置くと、通常よりも早く野菜がだめになってしまうことがありますので気をつけましょう。

ただし、エチレンガスの影響で例外もあります。それはじゃがいもなんです。じゃがいもは長期間経過してしまうと発芽してきます。

発芽したじゃがいもの芽には毒素がありますので食べてはいけないのですが、野菜や果物から発生するエチレンガスは、じゃがいもの発芽を抑える効果があります。

ですから、じゃがいもに限ってはエチレンガスを影響を受けやすい環境におくことで発芽してしまうのを防げるんです。

冷蔵庫の開け閉めも気をつけよう

いくら袋に入れて野菜を保存しておいても、冷蔵庫を頻繁に開け閉めすることによって冷蔵庫内の温度が変化しすぎてしまっては意味がありません。

野菜室があれば比較的冷蔵庫の開け閉めによる温度変化に影響を受けにくくなっているかもしれませんが、それでもなるべく無駄に冷蔵庫を開け閉めして温度変化が起きないようにした方がよいです。

必ず袋に入れて保存した方がよい野菜

野菜の中でも冷蔵庫で保存をする場合には必ずビニール袋に入れて保存した方がよい野菜があります。まずその代表格はりんごです。

先ほどりんごはエチレンガスの放出量が多いことは説明しましたが、その影響をほかの野菜に与えない為にはりんごをビニール袋に入れておくのがベストです。

また、りんご以外でエチレンガスの放出量が多い野菜はブロッコリーやアボカドです。

これらの野菜もエチレンガスをたくさん放出して他の冷蔵庫内の野菜に影響を与えやすいので、しっかりとビニール袋に入れて保存したおくことをおすすめします。

まとめ

野菜を冷蔵庫で保存するのなら、ビニール袋に入れての保存がお勧めです。そうすることで野菜が乾燥したり、逆に水分でべちゃべちゃになってしまうことを防ぐことができます。

また、キッチンペーパーでくるんでからビニール袋に入れての保存が適している野菜もあります。このほか、エチレンガスを出して他の野菜を痛めてしまう野菜もありますので、そういった野菜もしっかりビニール袋に入れて保存するようにしましょう。

-野菜不足解消コラム
-, , , , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.